国家試験の思い出

こんばんは、獣医師の高田です。

冬季オリンピックが盛り上がっていますね。
多くの日本人選手の活躍に感動している毎日です☺️

この季節になると、獣医師国家試験のことを思い出します。今年も後輩たちが試験を頑張って受けてきたようで、みんなが無事に合格していることを祈るばかりです。

私が受験したときも非常に緊張しましたが、なにより印象的だったのは受験会場の近くの泊まっていたホテルで、廊下の壁に穴が開いたことです😅

どうも、お酒を飲んだ別の団体客の方が勢いあまって開けてしまったそうです💦部屋でこもって勉強していたときに、いきなりすごい音が起きたんですごくビックリしたことを覚えています。

毎年約1000人が国家試験に合格し、獣医師となって社会に旅立ちます。この人数が多いのか少ないのか、そこは判断の難しいところではありますが、合格したときの喜びと、それまでの道のりを思い出し、また初心を忘れずにやっていこうと思いました😊