いとちゃん

みなさんこんばんは🌆動物看護師の福永です😊

今日は我が家の末っ子いとちゃん🐈を紹介させてください🎵

いとちゃんは去年の9月、実家に突如迷い込んできた猫です。当時生後1ヶ月半。小さい体だけど大きな声でニャーニャー鳴いて、実家の家族の後をついてまわって庭から出ていきませんでした。

まだ近くに親が居て迎えに来るかも、と思い心を鬼にしてご飯もあげず、一応〜寝床だけはちょっぴり用意して(笑)一晩様子を見ました。次の朝、実家の庭を見に行くと。「にゃー!」と大きな声😂もうこれ以上は放っておけない。とりあえず病院に連れて行き、伝染病の血液検査、検便、ノミダニの駆虫薬をつけて、目ヤニはついていましたが一通りの身体検査は問題なし!院長にお願いして、とりあえず病院で預かってもらえることになりました😊

当初、先住猫のしゅんもいるし、うちではもう飼えない。誰か里親さん探さないと。と思っていましたが、あまりの可愛さに誰にも譲りたくなくなってしまい😱家族と相談して、しゅんの遊び相手になってくれたらいいよね!と。いとちゃんを迎え入れることとなりました!

それからそろそろ追加接種予定だったしゅんのワクチンを打ち、念の為体に免疫がしっかりつく2週間を待っていとちゃんが我が家に来ました🥰

最初は距離のあった2匹ですが、徐々に距離を縮めていき、今では大の仲良し🥰!とまではいきませんが追いかけっこをしたりたまーに寄り添ってみたり、かなりいい遊び相手になっているようです😊

しゅんと違ってかなりのヤンチャ娘で、驚かされることも多々ありますが😱いとちゃんが家族になってくれて本当に良かったです😊

ちなみに名付け親は当時2歳2ヶ月の三男👶

名前を決める家族会議をしていて、一応。三男にも聞いてみたところ、「いとちゃん!」と!

思いの外可愛い名前に即決✨

そんないとちゃんももう5ヶ月🐈来月は避妊手術です!また避妊手術の様子については次回のブログで報告いたします!