あれから一年

こんばんは、看護士の高岡です。

6月14日は愛猫の手毬さんの命日でした。 

あれからもう一年たったんだなぁ。

手毬のいない生活にも

徐々に慣れてきたものの

ときどき無償に会いたくなることも

やっぱり間々あります😿

一年が経ち

新しい家族を迎えたい気持ちも

無いわけではないですが

今いる小豆さんが

とっても心の狭いお姫様なので

高齢の小豆に

ストレスを与えてたくない思いと

やはり動物を飼うというのは

勇気と覚悟がないとダメですね。

今コロナ禍の影響で

ペットの需要が高まっているそうで

すごく嬉しいことではありますが

懸念も増加しているそうです。

長く生きてくれるこだと20年以上。

動物を飼うというのは

ひとつの命をあずかるということ。

最後まで何があっても

絶対にきちんとみる覚悟を持って

飼わないとダメですね…☺️