冬に多い病気

こんにちは!看護師の小菅です😊
みなさんいかがお過ごしでしょうか?😉
寒いと動くのが億劫になりますよね…😖
そんな寒い時期にワンちゃんや猫ちゃんに多い病気が
尿石症や膀胱炎などの泌尿器の病気です⚠️

ワンちゃんや猫ちゃんも寒くなると運動量が減ったり、水分量が少なくなったり
トイレに行く回数が減ったりして上記の病気になりやすくなります💦
人でもリビングから寒いトイレまでの移動、めんどくさいなぁと思うことがありませんか?😅
ワンちゃんや猫ちゃんもトイレめんどくさいなぁ、お水飲みに行くの寒いなぁと思っているかもしれません😓
💡トイレはいつもワンちゃんや猫ちゃんがいる部屋に置く
(トイレが汚いと排泄を我慢することもあるので、できるだけ清潔にしてあげましょう✨)
💡新鮮な水をいつでも飲める場所に置く
(特に寒い時期はぬるま湯が好きな子もいますので、水の温度も気をつけてみましょう😊)
などの対策をすることをオススメします👍

主な症状としては血尿や頻尿などです🚽
特にオスの場合は尿道がつまっておしっこが出なくなると、命に関わることもありますので要注意です😰
気になる症状がありましたら、診察を受けていただくことをオススメします🏥

ちなみに私も一度膀胱炎になったことがあるのですが(人間の話にはなりますが💦)
おしっこをするときの排尿痛、血尿、残尿感…
10分に1回トイレに行くけど少ししかおしっこが出ないのと、トイレのたびに激痛で辛かったです😭