続いてのパラリンピック

こんばんは、看護師の高岡です。

先月のオリンピックに続いて

パラリンピックが閉幕しました。

一言。ただただ感動しました😭

もしかしたら捉え方によっては

偏見となってしまうのかもしれませんが

一つのスポーツとしての面白さもあり

そしてとてつもなくかっこよくて

またなんとも言葉では表せない

感情や感動、尊敬などいろいろ思いが混じり

ただ見てるだけで涙が溢れる毎日でした。

もし自分がなにかしらのハンディを

背負ったときに前を向いて

ここまで頑張ることができるのか?

むしろ五体満足で今まで生きてきて

何か一つでも精一杯夢中になり

やってきたことがあったのかな?と

自分が恥ずかしくなり反省する思いでした😖

今回無観客で開催される中

一部の子供たちが学校連携で

観戦できたようですが

あくまで個人的な意見として

こういった環境の中でも

実施されてよかったと

それだけの価値のあるものだったと

強く思いました。

実際に観戦できた子供たちの中には

これからの人生に大きく影響を与えられた

子もきっといるんじゃないかと思います。

いい大人になった私ですら

スポーツじゃなくても

これからでもなにか一つ頑張れるものを

みつけたいなと思いました。

オリンピックもパラリンピックも

あまりに感動してしまい

記念になるものがどうしてもほしくなり

グッズを買ってしまいました。 

ミライトワとソメイティのカップ。

特になんとも思わなかったのに

だんだん可愛く見えてくる不思議。

 

そしてこれも…。

覚えておられる方いますか?

1998年の冬季長野五輪のマスコット。

スノーレッツ。

このときも最初は失礼ながら

微妙な顔したマスコットだと思っていたのが

競技に夢中になるうちに

だんだん可愛く見えてきて

どうしてもぬいぐるみがほしくなり

親におねだりして買ってもらいました。

20年以上もたってるのにあまり行動が

成長していない模様。

手前にいる小さいのでよかったのですが

なぜか特大サイズ。

でも今も大事な宝物です!