お空へ…

こんばんは、看護師の高岡です。

少し落ち着いたので今日はご報告です。

我が家の飼い猫の手毬ちゃんが

ちょうど半年前の6月14日

お空へと旅立ちました😿

15歳11カ月でした。 

高齢の方にはなりますが 

20歳過ぎても元気でいてくれている

猫さん達がいる中で

もう少し一緒にいたかったと言うのが

正直なところではあります🥺

何年か前から腎臓が悪くなっていて

治療はずっとしていたのですが

今年に入ってからは調子が安定せず

ある程度の覚悟は

常にしている状態ではありました。

それでも悲しいものは悲しい😢

出来ることはしてあげれたのか?

あーしておけば、こーしておけば…。

あーしてあげれば、こーしてあげれば…。

という思いが消せない部分もあります。

いつも遠慮がちにしていた手毬。

とても大人しく、何をしてもされるがまま。

夜中にひっそりと寝ている私の上に乗って

ゴロゴロと顔を擦り付けながら

ほんの少しの間だけ

甘えにきた姿が忘れられません。

未だに手毬のことを思えば

目から液体が垂れてくる現象は治りませんが

もう一匹の小豆ちゃんが

元気でいてくれていることがありがたいです。

手毬とあまり仲良くなくて

手毬のことをいじめ倒してはいたものの

16年近くも一緒にいた小豆なので

もう少し落ち込む様子があるかな?

と思いきや全然平気でした…。

夜中にゴソゴソ音がするから何かと思えば

手毬の所にお供えしといたおやつを

小豆さんが口に加えてご機嫌に

『フンフンフン〜🎵』と歩いていたので

衝撃を受けて追いかけ回しました😅

でもそんな小豆の存在に

かなり救われている毎日です。

できることならあと

20年くらいは生きてもらって

世界の長寿猫のギネス記録を

更新してもらいたいです。

手毬ちゃん、それまでお空で待っててね😇

今までたくさんたくさん

幸せをくれてありがとうね😊