犬の十戒、猫の十戒

こんにちは🌞動物看護師の福永です😊

当院の待合室に犬猫の病気についてや、豆知識、予防などについての情報が流れているテレビがあります。

私もたまに掃除中などに見ていることもあるのですが(掃除に集中しろ!笑)

こないだ流れていた詩がとても心に響き、泣きそうになりました😢今日はそれを紹介したいと思います。

「犬の十戒」という詩はご存知ですか?

作者は不明で、世界に広まった英文の詩なのですが、日本語訳されたものを紹介させてもらいます。

 

「犬の十戒」

第一戒:私の生涯はだいたい10 年から15 年です。あなたと別れるのは何よりもつらいのです。私と暮らし始める前に、どうか別れのことを考えておいてください。


第二戒:あなたが私に望むことを理解するまでには、少し時間がかかります。


第三戒:私にとって一番大事なことは、あなたから信頼してもらえることです。


第四戒:私のことを長い時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないでください。あなたにはあなたの仕事や楽しみもあり、友達だっているでしょう。でも、私にとってはあなたがすべてなのです。


第五戒:私にちゃんと話しかけてください。あなたの話している言葉の意味はわからなくても、話しかけてくれるあなたの声はよくわかるのです。


第六戒:あなたが私にどんなふうにしてくれたか、それを私は絶対に忘れません。


第七戒:私をたたいたりする前に、私はあなたを噛んだりしていないことを思い出してください—私の歯はあなたの手の骨をかみ砕くことぐらい簡単にできるのに。


第八戒:私が言うことを聞かないと怒る前に、なにか原因があるのではないかと考えてみてください。食事はちゃんとしているか、かんかん照りの日なたに置き去りにしてないか、年を取って体が弱ってきていないか、と。


第九戒:私が年を取ったら、どうか優しく世話をしてください。あなただって、年老いたら同じようにそうなるのですから。


第十戒:私が旅立つその時を安らかに迎えられるように、どうか最期まで一緒にいてください。「かわいそうで見ていられない」なんて言わないで、私を独りぼっちで逝かせたりしないでほしいのです—だって、私はあなたが大好きなんですから。

 

心が震える、命を預かっている重みを再認識させられる詩ですよね。

そして、猫の十戒というものもあります😺

それは犬の十戒とはまた雰囲気が違った、猫らしい詩になっています…😂

そちらもご紹介させてください✨

 

 

「猫の十戒」

第一戒:私の生涯はだいたい15 年くらいしかありませんが、たまに20 年以上生きてしっぽが裂けます。ほんのわずかな時間でもあなたが離れていると腹が立ちます。私が家族になってやるので、そのことを覚悟しなさい。


第二戒:あなたが私に望むことを理解するつもりはありません。待っても無駄です。


第三戒:私を崇拝しなさい。私にとってそれが一番大事なことなのです。


第四戒:私を長い時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしてはなりません。でも狭いところは好きなのでダンボール箱を用意するのは許可します。あなたには仕事や楽しみもあり、友達だっているかもしれませんが、私のお世話をすることに勝る悦びはないはずです。


第五戒:私に話しかけなさい。あなたの話していることが何かはどうでもいいですが、話しかけるあなたの声はわかるのです。ほめ言葉は特に。


第六戒:あなたが私にどんなふうにしてくれたか、私は決して忘れません。恨みは倍返しします。


第七戒:私をたたいたりする前に思い出しなさい。私の歯はあなたの手の骨をかみ砕くことぐらい簡単にできるのに、気が向いたときにしかかまないようにしていることを。


第八戒:私が言うことを聞かないと怒る前に、まずは自分に問い掛けてみなさい。たっぷり食事を与えてましたか? それは私の好きなシーバですか? 日なたで気持ちよく昼寝をしているのをじゃましませんでしたか? もしかすると年を取って体が弱ってきているのかもしれませんが、どのみち私がしたいことに従わないほうが悪いのですから、あきらめなさい。


第九戒:私が年をとっても世話をしなさい。あなたも同じように年をとりますが、私は年をとってもかわいいのです。


第十戒:最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送りなさい。「かわいそうで見ていられない」とか「私のいないところで逝かせてあげて」なんて言うのは許しません。なでなさい。なで続けなさい。かわいいね、いい子だねと言いなさい。言いまくりなさい。そうすれば私は着換えの時間を少し短くしてやってもよいです。まあ、気が向いたら。


引用元/日本愛玩動物協会(長崎県支所)
文/大原絵理香

 

 

 

猫様!!!笑  さすがの上から目線✨笑

本当に、人間が動物を飼ったのなら最期の時まで愛情を注ぎ続けるのが義務だと思います。

しゅん、いと🐱家族になってくれてありがとう✨一生大切にするからね〜☺️!